年齢とともにきになるほうれい線を予防する方法

年齢とともにきになるほうれい線を予防する方法

30代も後半に突入してくると、誰もが意識せずにはいられないお肌の悩みが「たるみ」ではないでしょうか。

 

 

中でも「ほうれい線」は、見た目にも老けた印象が強くなってしまいますし一度刻まれたほうれい線を改善するのは非常に困難です。
そこで私がお勧めしたいのが、ほうれい線の予防とケアというアンチエイジングの方法です。
まず、ほうれい線の主な原因となるのが「毛穴のたるみ」です。

 

 

毛穴がたるむとはどういうことかというと、毛穴というのは開いたり黒ずんだりと様々なトラブルを抱えやすいのですが
その中でもしずく状に広がっていく毛穴のことを「たるみ毛穴」と呼びます。

 

そのたるみ毛穴は、実は目の下あたりから小鼻の周囲にかけての三角ゾーンと言われる範囲に広がっていくのですが、まさにそのたるみ毛穴が
ほうれい線を深くしていく大きな要因なのです。

 

 

ではどうすればたるみ毛穴を防ぐことができるのかというと、まず大切なことは顔全体のたるみを最小限に抑えることです。

 

 

人は、顔がたるんでくると一生懸命顔全体を保湿したり引っ張り上げたりしてしまいがちですがそれだと場合によっては顔の皮膚が伸びてしまい逆効果になることもあります。
そこで意識して欲しいのが、「顔のたるみ=頭皮のたるみ」という図式です。

 

 

頭皮にも顔と同じ様に無数の毛穴が広がっており、その毛穴のケアがきちんとできていなければ頭皮から衰えていってたるんでしまい、結果的に顔全体が下がってしまいます。
そこでお勧めなのが、週に1?2日ほどの頭皮のクレンジングとマッサージです。

 

 

これによって頭皮の毛穴が引き締まり、顔全体のたるみを最小限に食い止めることができます。
そして、次に大切なのが前述の三角ゾーンのケアなのです。

 

しかし、この三角ゾーンは顔の中でも特に繊細と言われている部分なので、クレンジングや毛穴のケアを一生懸命やるのはあまりお勧めできません。
まず、部分パックなどを活用し、他の部分よりもしっかり目に保湿をします。

 

保湿で潤った肌には毛穴を引き締める効果のある美白成分が浸透しやすくなると言われているので、潤った三角ゾーンに美白の美容液を浸透させていきましょう。
最後に、クリームでしっかりと蓋をします。

 

こうすることで、年齢とともにきになるほうれい線の信仰を抑える効果が高まります。
ぜひ、お試しください。